車庫証明を自分で取得する場合 

車庫証明の手続きはそれほど難しいものではないので、ご自分で取得することも可能です。

まずはじめに、最寄り警察署に出向いて、車庫証明に必要な書類を下さいといえば貰えます。

1.車庫証明に「必要な書類」をもらったら、書類に必要事項の記入

2.書類の記入が完了したら、警察署に必要書類を提出します。

3.審査が通りましたら再度警察署まで、車庫証明書を受領しに行きます。

 

車庫証明に必要な書類

上記に記載したお悩みを解決する方法を思いつく限り、下記の箇条書き内に列挙してください。

1.自動車保管場所証明申請書

※4枚つづりの複写様式用紙(警察署にあります)

2.保管場所使用権原疎明証明書(自認書)

※車庫の名義が自分の名義の場合に必要です。

3.保管場所使用承諾書(承諾書)

※車庫の名義が他人の名義の場合に必要となります。

土地所有者に印鑑をもらう必要があります。

4.保管場所の所在図・配置図

所在図とは車庫付近の道路や目標物を記入する。(住宅地図のコピーも可)

配置図とは車庫の配置と周りの建物・道路を記入します。

車庫の寸法、接続道路との幅を記入し、車庫証明を取得しようとする車両の保管に問題がないことを疎明する必要があります。

 

その他必要な場合がある書類

「申請者の住所等」と自動車の「使用の本拠の位置」が異なる場合には使用の本拠の位置を疎明する書面が必要となります。

例 住民票・公共料金の領収書

 

申請方法

1 車庫の住所地を管轄する警察署の交通課へ申請します。

2 申請の際、2,750円の収入印紙(申請手数料2,250円・標章交付手数料500円)が必要

警察署内の交通安全協会の窓口で購入

交付

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

1 申請の際に%